バイシクルカルチャーを軸としたバッグを中心に「自転車ライフ」をより楽しむための情報を取り揃えた「messengerbag.jp」のオンラインショップ

MISSIONWORKSHOP ミッションワークショップ The Vandal Black 51589

47,000円(税込50,760円)

定価 47,000円(税込50,760円)

購入数
MISSIONWORKSHOP[ミッションワークショップ]The Vandal Black MISSIONWORKSHOP[ミッションワークショップ]The Vandal Black MISSIONWORKSHOP[ミッションワークショップ]The Vandal Black
MISSIONWORKSHOP[ミッションワークショップ]The Vandal Black MISSIONWORKSHOP[ミッションワークショップ]The Vandal Black MISSIONWORKSHOP[ミッションワークショップ]The Vandal Black



Vandal Backpack [ Lサイズ ] Black

バックの背負い心地、フィット感が良く、軽量設計。 長年メッセンジャーバッグを作ってきた背景を持っているので バッグ自体の防水性、耐久性に優れている、もちろん止水ジップを使用。 made in USAに拘り使用する素材は全てアメリカで調達、生産もアメリカで 行っている。

最大の特徴は荷物が多くなったときに拡張できる仕様になっていること。 通常30Lサイズのバッグを65Lに拡張できる。 フラットバックバックを基本設計とし、極力必要の無いものをそぎ落とした デザインなのでラージサイズでも背負うとコンパクトなバックパックに見える。

拡張して使用するメインコンパートメント以外に前後に収納部分が ある、拡張して使用する場合はフラップ自体をロールアップで止める 事が可能。

頑丈な内部フレームが入っており、上から押しても潰れない構造、 フレームは縦方向に入っている。背面は逆に内側(背中側に)に曲が りフィットする構造になっている。

出かける時はフラットで大量に買い物をしても対応できる。 前後のコンパートメントにPCを入れて、メインにはダースのビールや 食材を買い込んで帰宅する。

様々なライフスタイルの中で発想の数だけマッチする使い方がある今までにないアーバンバックパック。

オプションでウエストベルトを装着する事が可能。
荷物が重くなったときの負担軽減と自転車のライディング中の安定感を 増す事が出来る。

・2つのウェザープルーフ コンパートメント(収納部分)
・2つのアクセサリーポケット
・大きく拡張可能なコンパートメント(収納部分)
・耐久性がある構造とデザイン
・耐水性ウレタンコーティングジッパー
・頑丈な内部フレーム

○フラット時
サイズ:横 約38cm x 縦 約53cm x 奥行 約15cm
容量 - 30 L

○エクスパンド時
サイズ:横 約38cm x 縦 約53cm x 奥行 約30cm
容量 - 65 L

※メーカー仕様変更により、バック前面に付いているロゴの色が変更されました。


Grocery Run - Vandal Cargo Backpack from Mission Workshop on Vimeo.



Day in the life of the Vandal Cargo Pack from Mission Workshop on Vimeo.



MISSIONWORKSHOPのインタビューはこちら>>>


MISSIONWORKSHOP
商品一覧はこちら